おうちを子どもの安全基地にするには⁈

この記事は2分で読めます

こんにちは!

LOVEはな子です♡

台風に地震と、災害が頻発しています。皆様、無事に安全に過ごされているでしょうか?

さてさて、新学期が始まっていますがいかがですか?

2学期は娘②が学校に行けなくなった時期なので、感慨深いです(;´Д`)

学校に行けなくても(または行かなくても)、なんちゅうことはないんですよね。

ちょっと人生の選択肢が増えただけの話なので!(^^)!

そして、子どもが人生につまづいたとき(または、自分や生き方を考える機会を得た時)に、家庭が安全基地じゃないと子供は自暴自棄になってしまう場合もあると思うんです。非行に走って家に帰らなかったり、自室に引きこもったり・・・・・(娘②は非行に走りかけちゃいましたが・・・・(T_T)。

 

家庭が安全基地にするためには、何をしてあげればいいのか?

・やさしい言葉を掛ければいいの?

・何でも買ってあげればいいの?

・そばにいてあげればいいの?

優しい言葉を掛けてあげたいけど・・・・つい怒っちゃう→どよ~ん(T_T)

何でも買ってあげたいけど・・・・・・そんなに何でも買えない(*_*;

そばにいてあげたいけど・・・・・・「あっちに行って!一人になりたい」だって(T_T)

そうなんですよね。

子どもが小さい頃は、優しくしたりそばにいるだけでなんだか子どもも安心してくれていたけど・・。

思春期になると、そう簡単にはいかなくて

どうしてあげればいいのか分かんなくなっちゃうんですよね。

そんな時は、【アイスクリーム作戦】です。

この本を読んだ時に涙が出ました。

私は、子どもを信じるということを

「信じてるからちゃんとしてね!」だと思っていたんです。

そして、「信じていたのに裏切られた(怒)」と一人でじたばたしてたんだということが分かりました。

そんなのは、本当に信じていたわけじゃなかったんですよね?!

ただ自分に都合よく考えていただけだったんです。

この本に、【アイスクリーム作戦】が出てきます。

冷蔵庫にいつもアイスクリームをたくさん常備して、好きな時に好きなだけ食べていい

という作戦です。

我が家は、アイスを食べるのはいつも私からの許可制だったんです。

この好きな時に好きなだけ食べていいというのは、ものすごくチャレンジでした。

でも!

子供たちはすごく喜びましたよ。気のせいか、会話が増えて家庭が明るくなりました。

そして、別にお腹を壊すこともなく自分で考えて食べていました。

「今までの制限は何だったのかな?」と思いましたね。

ということで、

子どもとの関係を良くしたい、明るい家庭にしたい・・・・・と言う方は

ぜひ、この本を読んで【アイスクリーム作戦】を実行してみてくださいね!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。