子どもの叱り方

この記事は2分で読めます

こんにちは!

LOVEはな子です♡

夏休み、いかがお過ごしですか?

毎日スーパーや公園で見る子供の元気な顔と、ママの疲れた顔に

「そんな時期もあったな~」と遠い目になってしまいます^^)

そして夏休みといえば、あなたもそうかもしれませんが、

毎日「怒ってばかり!」になってませんか?

だってそうですよね。1日中ですよ!1日中子どもと家にいたら・・・・・・怒ることばかりになちゃいますよね⁈

【なぜ、子どもは叱っても聞かないのか?】

それはなぜかと言うと、

基本的に子どもは何度叱られても同じことをしちゃう生き物なんですよ!ええ、何度でもですよ!

そのくらい、【へこたれない生き物】なんです。

だってそうですよね?

1度怒られたくらいで、「もうやりません」だったら

この先の人生でなんにも出来ませんよね? 何のチャレンジも出来ない大人になってしまいます。

だって人は、新しい何かに取り組むときには失敗の方が多いんですから!

「ほら、じっとして食べなさい!」「手を洗って!」「こぼしてるよ!」

「よそ見しないで食べなさい」「止まって!」「前を見て!」などなど。

もしかしたら、

毎日同じことを言ってる!100回も言ってる!なんでできないの?

と毎日思ってますよね?!

それでいいんですよ!

それが子どもの心が健全に育っている証拠です♡

そんななかで、「じゃあどうればいいのか?」気になりますよね~?!

【叱らない子育て】なんて本もたくさんありますもんね。

そもそもることに意味はあるのか?・・なんて考えちゃったりして!

 

【叱り方】

いずれにしても、っていいんですよ~♡  叱り方に気をつければですけどね^^)

どういうことかというと、

ってもまた子供が同じことをするようなしかり方・・・・・

伝わりますか?

つまり、子どもの心に強く残らない叱り方です!

えっ? 逆じゃないの? いかに、いうことを聞かせるようにるかでしょ?

と私も昔は思っていました。

でも、それだと子供の心に強く残ってしまい「どうせ怒られるからやらない」「どうせダメなんでしょ?」「やっぱりダメじゃん」などと、何か新しいことをやりたいと思ったときに、やる前から怒られること・失敗することを気にして・・・・結果チャレンジしない子になってしまうことも

 

そんなの望んでないですよね?

どんな困難にも、へこたれない子供になって欲しくないですか?

そしたらやっぱり、さらっと何度でもりましょう。

何度もることは、子どもにへこたれない強い心が育っている証拠です!

それでもやっぱり、イライラしたり迷うときはこの本がおススメです。

本当に心が軽くなる、子育てバイブルです♡

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。