外遊び・・どうする?

この記事は2分で読めます

こんにちは! LOVEはな子です♡

梅雨時ですが子どもたちは元気ですよね。毎日おうちの中だけだと・・・・キーッと言う声が聞こえてきそうです。

子どもは、心臓から拍出する血液量が少ない(心臓が小さいから)ので、じっとしていると血液の循環が悪くなります。走り回ったり、飛んだりすることで血液循環を維持しています。

つまり、おうちでじっと遊んでいるのは子どもの身体に合ってないということです^^)

一日に1回はお外で遊ぼう!・・・・・でもどうやって?

「近所に公園がありません」「公園に行っても誰もいないんです」「公園に行って何して遊べばいいんですか?」と聞かれます。

外遊び=公園  てわけではありません。

まずはお散歩!

おうちの周りを子どもと一緒に歩いてみましょう。いつも車や自転車で行くスーパーまで歩いてみるのはいかが?「こんなところに空き地が?」「お花が咲いてるね」「水たまりで遊んで20分!」なんてこともよくあります。

草や石ころで十分に楽しく遊べるんです♬

外遊び・・・公園か~めんどくさいな~と思ったときは

Let’s go 散歩!

ただ、家の近所を歩くだけ!石ころも道端のお花も、近所の人とのあいさつも無料です♬

小さい階段を上ったり、歩道橋で1時間かかったり(20年前の私の話ww)、水たまりに入ってびちょびちょの息子を抱えて歩いたり・・・・なかなかワイルドで楽しい思い出です。

実は、公園デビューにつまづいたんですヨ(T_T)  張り切って公園に息子を連れて行ったんですが…もうグループがしっかり出来上がっていて、ぼっちでした~。まぁ、目的は息子を遊ばせることでしたから、ぼっちでも良かったんですがね。水遊びをしたがる息子に視線が冷たかったんですyo!

まだチキンだった私は、お散歩派へと転向しました。スーパーへお散歩がてら買い物に行きました。おでんにしようと大根など重いものを買ってから、息子からのまさかの「抱っこして~」攻撃!

大根と息子を抱えてつらかったです(;´Д`)。

ですので、スーパーへ行くときの散歩は“軽いものだけ買う”がおススメです♬

抱っこひもを装着しておくのもいいですよね。

気温があがる季節は、お散歩は早朝や夕方にしましょうね。

夏になると、多くの赤ちゃんは起きるのが早くなります。それに合わせて早めにお散歩に行けると、お昼寝への誘導がスムーズです。また、歩くときは子どものペース優先で!子どもって、自分のペースだといくらでも歩けるんですが・・・急がせたりすると途端に歩きたがらなくなるんですよね。もちろん危なくないように注意が必要ですが、ある程度自由に歩かせられると、よい外遊びになりますね。お散歩が長くなるようなら、水筒やおにぎりを持参してもGoodです。

たっぷりお散歩に出て、疲れてもらってよく寝てくれるといいですね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。