イヤイヤ期とは?

この記事は2分で読めます

こんにちは! LOVEはな子です♡

「イヤイヤ期」・・・・・・・・聞いたことありますよね?

一般的には、子供が2歳くらいになると「自己主張」が出てきて、

「魔の2歳児」とか、「イヤイヤ期」とか言われています。

要するに、「親の言う通りにはしなくなる時期」というとらえ方でしょうかね?

これって、本当は「親のイヤイヤ期」なんじゃなかろうかと思うんです。

だって、子どもだって自分の考え方や自分の時間の流れがあって、いろいろ実験もしたくて
(例えば自分で靴を履く、ズボンをはいてみる、裸で遊んでたい・・・・・・・・etc)

でも、そんな子供の時間の流れや考えよりも、

「ママの言うことを聞いてちょうだい」「私の言う通りにしなさい」「ああしなさいこうしなさい」

これって、親のイヤイヤ期じゃないかしら?・・ママの言う通りにしてくれないとイヤイヤ

子どもが自分の意思や

感情を見せ始めるのが、寂しかったり辛かったり

もしかしたら、子どものことを待てる余裕がないくらい忙しくしてるのかも?
(そんなに家事や仕事を頑張る必要があるのか、立ち止まって考えてみてね(^^♪)

赤ちゃんの時は泣いたらすぐに抱っこして、ミルクもあげて、トイレに行く時間がなかったり

ご飯も立って食べたり・・・・・・あんなに子どもの意思や時間を尊重できたのにね・・

子どもが、「イヤイヤ」言い始めたら、「ハッ」としてくださいね。

「もしかしたら、私の時間の流れに無理に子どもを合わせようとしてるのか?」
「イライラするのは私のイヤイヤ期なのか」
「そもそも、私が疲れすぎてイライラしてるんじゃないかな?」

そこを自覚するだけでも気分が少し落ち着きます。

子どもの主張にすべて付き合えなくても、「( ゚д゚)ハッ!」と、立ち止まり少し余裕を持つだけでも

「ママは自分を大事に思ってくれてる」と子どもは感じてくれるでしょう。

そうやって、日々の関わりで子供の自己肯定感は高まっていきます。そんなふうにかかわれる自分であることが、ママの自己肯定感も高め楽しい毎日になっていきます。

この時期に、親のちからで無理やり押さえつけてしまうと・・・・・

次は思春期です。イヤイヤ期じゃなく反抗期と呼び方も変わります。今度は力で抑えるのは困難です(T_T)。

そもそも力で抑えるもんではないんです。

・イヤイヤ期のうちに、子どもの成長を認めること

・自分の時間の流れと、子どもの時間の流れは違うと知ること

・子どもがどう感じ考えているのかを知ろうとすること

これだけでも子どもは、安心感や愛されている感を感じられます。そして自己肯定感が育つのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。