赤ちゃんにしつけは必要?

こんにちは! りつりつです。

育児相談では、よく次のように質問されます。

「赤ちゃんが泣いたからといってすぐにあやすと、躾にならないですよね?」
「離乳食を食べる時にじっとしてないんです。躾けるにはどうしたらいいでしょうか?」

赤ちゃんに ”しつけ” は必要?

まずは、「躾とはなんぞや?」について考えてみましょう。

しつけ仕付けまたは仕付)とは、人間社会集団規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように、訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。ドイツ語では、しつけのことを、die Zuchtというが、これは人に限らず動物家畜)の調教、訓練の意味もあり日本語のしつけと同じである。(Wikipedia より)

ふむふむ、
集団の規律に合った行動ができるように訓練することですね。

この訓練という言葉に、”しつけ” の鍵がありそうです。

訓練とは
実際に、何らかのことを行って習熟させること
一定の目標に到達させるための実践的な教育活動[1]
動物に何らかの学習をおこなわせるための系統的な方法[1]。Wikipediaより

訓練なので、根気強く練習していけばいいだけですよね
「なんで出来ないの!」と声を荒げる必要もないし
悩む必要もありません

でも、いろいろな育児本を読んでいると

「いったい何が正しいんだ?」

「どうすればいいんだ?」

と迷いますよね?

ある本には

・怒らないで、子どもの気持ちを最優先に育てましょう

また、ある本には

・子どもはまだ未熟なので、親がしっかりとしつけをしなければなりません。

等々、真逆のことが書いてあったりします。

これってどちらが間違っているとか正しいとかではなくて、
著者の考え方が違うだけなんですよね。

そして、子どものタイプもいろいろなので
”厳しくしたから立派になった子” もいるし、
”やさしくしたから立派になった子” もいます。

つまり、どちらも正しくてどちらも間違っているんです。

??????????????

しつけについての方法・・みたいな本ばかりを参考にしてしまうと、

「じゃあ今のこの対応はどうなの?」「これで合ってる?」と不安ばかりです。

方法論の前に、「どう在るか」が大事なんです。

つまり、

この子は自分で考えたり学んだりできないかもしれないから、
親がしっかりしつけをしないとダメになってしまう

と考えるのか

この子は自分で考えたり学んだりする力があるから、
失敗からでも学んで成長するだろう

と考えるかで全然違ってしまいます。

そして、前者は不安感ベース・後者は安心信頼ベースです。

もし自分が子どもなら、どちらがいいですか?

えー?どう考えたらいいのか分からない!

という方には以下の本がおススメです。

3歳までのかわいがり子育て (だいわ文庫)
Amazonで佐々木正美の3歳までのかわいがり子育て (だいわ文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました