心配性のママへ

この記事は2分で読めます

こんにちは!

LOVEはな子です♡

最近は心配症のママからのご相談が多くなっています。←ご自分で「心配症なんです!」と言うので間違いないと思いますが・・・。

<質問>

・風邪を引いたようで咳をしているんです。熱が出たらどうしよう(;´Д`)

・幼稚園にお弁当を持参するんですが、全部食べられなかったらどうしよう(;´Д`)

・お友達とけんかしているところを見てしまって・・・このままお友達がいなくなったらどうしよう

(中略)

いかがですか?

すべて今はまだ、起こっていないことで心配していますよね。このタイプの心配を始めるとすごく疲れるんですよ。なぜって、起きるかどうかわからないことをずっと考えるんですよ。そして、考えられる最悪をずっと心配するんです。

考えられる範囲での最悪を想定するのは、実は大事だと思います。(最悪を想定することで、それが起きた時にどう対処すればいいか考えられるので。)

ただ、それをずっと心配し続けるのはすごく疲れます。

まずは、もしそれが本当に起こったら・・・・・を考えましょう。

例えば、①風邪を引いたみたい、熱が出たらどうしよう→熱が出たら、それ以外の症状に注意して小児科受診。数日間、熱が下がらなければ再受診・・・夜間や休日なら#8000に問い合わせや、休日・夜間診療に相談(発熱だけで機嫌もよく、食欲もそんなに減ってない場合は様子見でもOK。逆に、熱は大したことなくても食欲が無かったり、ぐったりしているようなら早めに受診です)

↑こんなふうに対処方法を書き出してみると、「あっ!こうすればよいのね」と分かるので心配が減ります。

心配な時って、何が心配なのかはっきりしていないこともよくありますよね。分からないから心配・・・・みたいな。ですので、心配なことや不安なことはまず、何が心配でどう対処すればよいのか?を書き出して ”見える化” しましょう。

そうすることで不安の正体がはっきりして、どう行動すればよいか分かるから・・分かっちゃったら不安じゃなくなりますよね?だって、行動できるんですから。

また、②子どもがお弁当を全部食べられなかったらどうしよう

残したらいいんじゃないですか?お腹空いて帰ったら、家で食べればいいよね?弁当箱を小さくするとか?好きなものだけ入れるとか?・・全部子どもと相談しましょう。問題視して心配しているのは親だけだったりします。

③お友達とのトラブル→ケンカしない人なんていないじゃないですか~。ケンカもしながらコミュニケーションを学んでいくんですよね。ケンカしないように仲良くするなんて子どもじゃないですよね。

心配するのはママとして当たり前です。でも!本当に必要な心配かな?対処が分かれば大丈夫なこと、そもそも心配じゃないこと、子どもにとって必要な体験かもしれないこと・・そんな視点を持ちましょうね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。