ママの声変わりとは?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

LOVEはな子です♡

今日はママの声変わりについてです。

え?   声変わりとは男の子が成長期に変声することですよね?

ええ、そうなんですが・・・

実は子育てのある期間だけ、ママも声変わりするんです。ある期間とは?

→①2人目が生まれた後、上の子に対して

→②子どもが2,3歳になった時

どういうことでしょうか?

①2人目が生まれた時上の子に対して

2人目が生まれるときに、「上の子には優しくしないといけない。上の子優先で!」と思っているママはたくさんいます。上の子の赤ちゃん返りもあるので、この対応は正しいんです。ただ、「いつまで?」って思いますよね?例えば、赤ちゃんが泣いています。「あらあら、どうしたの~?」と優しく声をかけた時に、上の子どもが「ママ~」。振り向きざまに、「なにっ?」とちょっと怖い声!←これがママの声変わりですね。今まで「優しくしなきゃ」と気を使ってきたけど・・・あれ~⁈

 

②子供が2,3歳になった時

今までよりも、子どもの自己主張が増えてきますよね。「あれは嫌!」「これがいい!」そんな時に、今までなら優しく聞いてきたのに聞けなくなってしまいますよね。「こうしなさいよ!」とか、「なんでいうこと聞けないの?」とか・・・イライラしちゃいますよね。赤ちゃんの時は、泣いたら「眠いの?」「お腹空いたの?」なんて聞けたのに。なぜか、「キーッ!」としちゃって、怖い声を出してしまいます。と言うか怒っちゃいますよね。←これが、ママの声変わりです。

「じゃあ、どうすればいいの?」と思いますよね。

まずは、ママの声変わりも良しとしましょう。だって、しょうがないですよね。赤ちゃんと同じように扱えないですよね。

そして、声変わりも良しとしたうえで、

じゃあ本当はどうしたいのかな?

本当は子どもと仲良くなりたい、やさしくしたいんですよね?

では、まず深呼吸です。イラっとしたときに、直ぐに反応しないで深呼吸♬ それから、子どもの言ってることをそのまま真に受けないようにしましょう。だって、まだ2歳とか3歳ですよ。言葉で全部は伝えられないし、伝えたい思いが強いとどうしても強い言葉になってしまいますよね。

「ママ嫌い!」「イヤッ!」と言われた時にも真に受けないようにしましょうね。

今のこの状況が嫌・うまく言えないけどなんか嫌だ・・と言いたいとしたら?「どうしたの?」と優しく聞けそうじゃないですか?「ホントは何が言いたいんだろうか?」とか、「何が伝えたいのかな?」と想像してみましょう。

そして、そんなふうに聞けるためにはママの余裕がないと無理ですよね。

ママの声変わり・・・・・そんな風に、自分の返答を観察してみましょうね♬

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。