子育ての目的は?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

子育て相談室LOVEはな子です^^)

子育ての目標を考えたことがありますか?

目的ともいうのかな?

よく聞くのは

「自立してほしい」ですよね?

でも、この<自立>とは?

働いてくれればいいの?

経済的に自立すればいいの?

正社員になればいいの?

一人暮らしすればいいの?

本当の願いは・・・・幸せに生きてほしいですよね?

そして、子どもと過ごす時間が幸せなものであれば・・・・・・もう子育ては成功ですよね⁈

子どもは、親とは違う時代を生きています。未来を生きているんです。
今の自分の価値観でしか見れないと・・・・・子育てはつらいもの苦しいものになっちゃいますよね(T_T)

ちゃんとした子供に!
きちんとした子供に!
勉強させなきゃ!
いい大学に!
手に職をつけさせないと!

なんてことを目標にしてしまうと・・・・・・

子どももママも、苦しい毎日です。

だって、きちんとさせようとすると・・・・・子供らしさとは真逆ですよね⁈
怒ることばっかりですよね(;´Д`)
「らない子育て」とは真逆ですもんね。
自分もつらいですよね。

今、子どもと過ごす時間をいかに幸せなものにするか。
子どもの未来を信じて、
「大丈夫」な前提で子どもと過ごすのか、「心配」で過ごすのか。

どちらがいいでしょうか?

どうせなら、
「この子は大丈夫!」と思って過ごしたいですよね^^)

そして、ママが自分をどう見ているのか・・・は実は子供に伝わってしまうんです!
「この子の将来が心配だわ~」とか、「周りと比べて遅れてるから、大丈夫かな」とか思っていると、子どもも「自分に自信がない」「どうせ私は・・・」と感じやすいんです。
切ないですよね。

ピグマリオン効果と言うものはご存知ですか?
教師が、成績のいい子という認識で子供たちに接すると子供の成績がぐんぐん伸びたという実験があるんです。(今は、いろいろと議論がありますが)

これは、「あなたは出来る子なのよ」とほめたり洗脳するとかではなくて
ママが子どもをポジティブに見ているのか、ネガティブに見ているのかの違いだと思います。

そして、子どもをポジティブにとらえるための条件として

<ママが自分に○をつけられるかどうか>にかかってきます。

つまり、子育てって自分を受け入れることでもあるんですよね。

LOVEはな子には子どもが3人います。3人目が不登校になったり、荒れたことで
・今まで自分が「これが子育て」と思ってきたことが全然違ってた!
・子どもが自分で考えたり迷ったりすることが大事!
・結局、子どもが親からの愛を感じているかどうかが大事

これだけだなと感じています。

子どもとの忙しい毎日に翻弄されてしまうと目的を忘れてしまいます。

・子どもとの時間をどう過ごしたいのか?
・どんな風に生きていってほしいのか?

そこをいつも忘れないようにしましょうね♡

LOVEはな子の子育て論でした♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。